大切な事前の準備

限られた時間で1人1回限定の、弁護士の無料相談を活用するに際しては、事前準備が大きな鍵を握ります。より短時間で正確に自身の現状を弁護士に伝えるに際しては、自身で資料を作成から直近の現状確認作業が欠かせません。面倒に思われる気持ちが債務整理を選択肢とせざるを得ない現状を招いた一因である点が否めず、辛い作業になりますが、逃げずに現在の自分が置かれた立場を再確認からしっかり認識してください。この作業を通じ、それまで意識が向かなかった善処策のヒントに遭遇出来る可能性もゼロではありません。

また弁護士との面談時のシミュレーション作業もお薦めです。勿論実際にどのような話の流れになるかは分かりませんが、ただ弁護士からの質問に淡々と答え続けるだけ、しかも資料も何も無く、記憶の中の曖昧な数値を声にし続けるだけでは、いかに弁護士といえども的確な着地点に相談者を導く事は叶いません。

これだけは伝えたい、この部分はしっかり質問から確認したい、自己破産だけは絶対に回避したいなど、債務整理に関する自分なりの予習を通じ、積極的に自らが解決に臨む意志と姿勢を有している事が伝わる相談時間とすれば、よりベストな解決の糸口の見極めに繋がります。